徳川家康 (10)[コミック]

原作:山岡荘八 画:横山光輝

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

信玄陣没の情報を得た家康は、武田勝頼の機先を制して、長篠城を手中に収める。朝倉浅井両氏の滅亡は信長の覇業を確定的なものにした。内部の裏切りと打続く敗報にいら立つ勝頼。事の多かった天正元年も過ぎて、武田勢と徳川勢は緊迫したまま天正二年を迎える。雌雄を決する高天神城の攻防をめぐる徳川織田武田の駆引きと肚の探り合いに明け暮れる中に、岡崎城中にはただならぬ妖雲が漂い、さしもの大賀弥四郎の大陰謀もついに露見……。

続きを読む
  • 徳川家康 全 23 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    徳川家康 全 23 巻

    10,120円(税込)
    101pt獲得

レビュー

4.3
30
5
17
4
6
3
6
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/09Posted by ブクログ

    竹千代(後の徳川家康)の父、広忠の苦悩が手に取るように分かる。
    先祖代々、続いてきた家をとるか、敵方から嫁いできた妻を取るか……
    あまりにも残酷すぎる戦国の世。
    その中で、竹千代は、生まれ落ちた。
    ...

    続きを読む
  • 2018/08/13Posted by ブクログ

    於大を中心に描かれており、切なくなる場面が多数あった。昔の人たちは、自分の意思で生きるなんてはなから考えられず、与えられた運命を全うすることしかなかったようだ。好きなことができるのは、当然のことではな...

    続きを読む
  • 2015/02/15Posted by ブクログ

    松本大学(松商学園)のルーツは、福沢諭吉の創設した慶應義塾で近代的教育を受けた木澤鶴人が郷里に戻って、明治31(1898)年に松本で開いた私塾です。近代日本最大の啓蒙思想家である福澤諭吉が明治初年に著...

    続きを読む
開く

セーフモード