女帝花舞 28巻

完結

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

ニチブン編集長の北沢が、豆千代が陰謀を知らせたことを、亀田に連絡する。豆千代の命が危ない!彩香が杉野にアメリカの策略を報せ、菱和会に豆千代の保護を頼んだ。鈴木が豆千代を座敷に呼び、帰りに拉致させる。それを追った明日香と康平が、駆けつけた菱和と烏丸とともに救出した。亀田、マッケンジー等と対決し、杉野の邪魔をしないことを約束させる。ニールに別れを告げる明日香。康平と結婚し、芸妓を辞めて小さな料理屋を営むことにする。母・彩香も、ともに暮らすために呼んだ。彩香と明日香、二人の女帝が人生の最後に辿り着いた場所は、家族という名の幸せ…。『女帝』母娘二代の物語、ここに堂々の完結!!

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード