女帝花舞 26巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

亀田が豆千代を呼んだことを、屋形『千代田』で聞き出す明日香。杉野の抹殺を命じられているニールは、明日香の素性を知った。情報を得るため、亀田の通う『すず屋』の”おかあさん”に、踊りを習い始める明日香。ニールはスキャンダルの火元として、杉野の妻・梨奈に狙いを定めた。杉野は訪中し、親アジア外交をスタートさせる。征四郎は癌に罹ったことで、これまでの自分の所行を反省し、明日香に頭を下げて詫びた。杉野総理の政治資金を管理している梨奈は、U・C・Fファンドマネージャーの高柳を紹介される。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード