女帝花舞 25巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

杉野総理と若手議員の最初の会合は、『彩香』で行われた。そこで亀田派にいる増沢が亀田が杉野を潰すために、アメリカ大使と祇園で会うという情報をもたらす。彩香は明日香に電話して協力を仰いだ。二人の女帝が、手を携えて戦うときが来たのだ!明日香はニール・マッケンジーと知り合い、好意を抱いて『よし野』の座敷に彼を招く。アメリカ大使・ガードナーと亀田の密会は、上七軒の茶屋で行われた。そこへ現れるニール。彼こそ杉野への刺客にして、米国務次官補だったのだ。座敷には、豆千代が呼ばれる。敵とは知らずに明日香を好きになったニールは、再会しキスを…。そして豆千代は、亀田に身をまかせた。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード