女帝花舞 20巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

好意を持った左近と、再び『ご飯たべ』の約束をする明日香。康平は、とうとう豆千代を抱いた。左近とドライブに出た明日香は、雨に降られて飛び込んだ旅館で強引に犯されてしまう。後日、三千歳を座敷に呼んだ征四郎と左近は、明日香にプライドを傷つけられた腹いせに仕組んだことだと話した。左近が明日香をモノにして、振ってやろうという企みである。そこで三千歳は明日香と武士の関係も聞き、そのことを板東に教えてしまう。一方、明日香は久しぶりに武士に逢い、激しく愛し合った。本城組の組長は死に、武士が本城組二代目を襲名した。再び明日香を座敷に呼んだ左近が明日香に迫るが、厳しく拒否する明日香。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード