女帝花舞 18巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

明日香と初めて愛し合った後、武士は金沢へ行った。先斗町で、亀田、鈴木、板東が顔を合わせて、提携の密談をする。座敷には三千歳がいた。ちょうど三千歳を訪ねてきていた明日香が、それを目撃する。しかし明日香に尋ねられた三千歳は、上手くはぐらかした。もう覚醒剤まで打たれて、板東の意のままになっているのだ。組に戻った武士は、賭場の摘発は情報を流しているスパイが居るためだと目星をつけた。誰が組を裏切っているのか?一方康平には、舞妓の豆千代が惚れていた。裏切り者は、若い頃から武士の面倒を見てきた、若頭の久保田だった。武士を殺せと、久保田をけしかける板東。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード