女帝花舞 17巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

松村をつける明日香。梨奈をつける伊達と彩香。ホテルのロビーで松村と会う梨奈。テープと金の受け渡しの場へ、伊達が介入した。松村を部屋に引き入れ、二度と梨奈と明日香に近づかないよう、引導を渡す。ほうほうの体で逃げる松村。明日香も部屋に入ってきて、謙司とのことは思い違いだったと判り、梨奈は打ちのめされた。立ち直って修行を続ける明日香は、三千歳とともに京都を代表する芸妓へと育つ。美佳と謙司は結婚へ。再び動き出した蟷螂会は、狙いを武士の実家・本城会に向けた。板東は三千歳を自分の女にしている。本城組の賭場が次々摘発され、組長が倒れた。波乱の中、武士の出所の日が…。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード