女帝花舞 16巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

松村のセックスに籠絡されてしまう明日香。だが梨奈のほうも、金を渡すときにまた抱かれてしまった。明日香は座敷を休んで、松村と逢う。充分に明日香が虜になったことを確信した松村は、しばらく離れて飢餓期間を設けることにした。その間に代議士夫人だと判った梨奈を恐喝。梨奈とのセックスを、ビデオに撮ってあったのだ。房子は佐伯に連絡が取れないことを怪しみ、松村とのことを伊達に相談した。松村の素性を調査した伊達は、彩香にも連絡する。同時に梨奈が画策したことも判った。その梨奈は、松村を殺す決心をする。明日香を守るために、銀座の女帝・彩香が立つ!そして明日香は、名刺の住所に行き、松村の正体を知った。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード