女帝花舞 14巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

萩美(美佳)は明日香のライバルを降り、謙司と結婚する決心をする。武士の出所を待てない明日香は、康平に処女を捧げた。客の西島が明日香に、先斗町一番の芸妓・三千歳を紹介する。明日香と同い年で、女帝を目指している強力なライバルだった。代志乃が倒れ、雪乃と明日香が自分の晩年の傑作だと言い残して死ぬ。代志乃の葬式を終えて、明日香は房子に、独立し自前となる決心を話した。ところがそこで、葬式帰りの猪郷が、名神高速道路上で大型トレーラーにぶつけられたニュースが入る。猪郷死す!代志乃と猪郷の、二人の庇護者を失ってしまった明日香の運命は!?

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード