女帝花舞 12巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

板東のバックに民力党の亀田がいることを知る、烏丸会会長の岡部。菱和や大翔の手を借りずに、単独で蟷螂会と戦う決心をした。舞妓から芸妓になる『衿かえ』が迫る明日香。遊びに来た猪郷に事件を話し、抗争が始まって京の街に血が流れるのを防いでくれと頼む。明日香の大局に立った頼みに、猪郷は感動した。蟷螂会の覚醒剤仕分け場を襲い、事務所にも銃弾を撃ち込む烏丸会。宣戦布告へ!亀田が京都府警を動かして、覚醒剤容疑で烏丸会を一斉捜査させた。岡部を逮捕し、留置場に居る間に総攻撃を行って、京都を陥とす予定である。しかしそこでフィクサー・猪郷が動き、亀田を一喝。板東の企みは全て中止となった。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード