女帝花舞 7巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

祇園の節分行事”お化け”の日に、征四郎が若手歌舞伎俳優・高山左近たちを連れてきて、雪乃と明日香に紹介した。『よし野』にやってきて、明日香と会う謙司。自分たちの親の因縁を知り、明日香と結ばれるのが宿命だと思い込んでしまう。明日香に目をつけて、左近が座敷に呼び始めた。雪乃が抱かれた後、忘れていった携帯を使って、ホテルへ明日香を呼び出す征四郎。犯されかけるが、明日香は辛うじて逃げた。ところがそれを写真に撮られ、雪乃と明日香の征四郎を巡っての三角関係として週刊誌で話題になってしまう。しかし代志乃は明日香を守り、祇園の客達も却って明日香を慰めるのだった。

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード