女帝花舞 4巻

作:倉科遼 画:和気一作

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

祇園祭・山鉾巡行の日に、大翔組と菱和会が間に入って石田組と師岡組の話し合いが行われることになった。雪乃が石田に身をまかせて石田の野心を聞き出し、それを明日香が伊達たちに連絡する。石田は場を利用して、師岡共々伊達と大翔の命も奪うつもりでいたのだ。一方美佳は、処女を装って謙司に抱かれることに成功。名門の息子を手に入れたとほくそ笑む。当日、刺客を発見した明日香は、まだ明日香への恋慕を棄てられない謙司の呼びかけを制した。謙司を置いて刺客を追い、伊達たちを撃とうとする瞬間に突進して、その腕にしがみついた!

続きを読む
  • 女帝花舞 全 28 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女帝花舞 全 28 巻

    9,072円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード