【完結済み】龍―RON― 1巻

龍―RON―

完結

42冊

村上 もとか

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

押小路男爵家の長男・龍は、武道専門学校校長・内藤の教えに感銘を受け、武道専門学校「武専」に入学することになった。その登校初日の朝、乱暴者たちとケンカをしている龍を見ている男がいた。「武専」で顔合わせを済ませた龍の前に、そのときの男が現われ…。次第に戦争へと傾斜していく昭和初期の京都を舞台に、ひたすら剣の道を極めんとする男・龍の破天荒な生き方を描く!!

続きを読む
ページ数
215ページ
提供開始日
2007/06/29
連載誌/レーベル
ビッグコミックオリジナル
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 龍―RON― 全 42 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    龍―RON― 全 42 巻

    25,410円(税込)
    254pt獲得

レビュー

4.4
7
5
4
4
2
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/01/14Posted by ブクログ

    「志」の大切さ。

    師である内藤高治の教え「道の為来たれ」の言葉通りに、第二次大戦期の日本・中国を駆け抜けた押小路龍の一代記。

    後半はややSFチックになってしまいハラハラするが、最後は見事に着地し...

    続きを読む
  • 2011/10/11Posted by ブクログ

    6~7歳の頃、お父さんの本棚からこっそり読んでいました。
    漢字や京劇、戦前の歴史はこの漫画で教わったといってもいい位。

    押小路龍のお嫁さんの田鶴ていが女優デビューする際に
    貧しい生い立ちがゆえに、コ...

    続きを読む
  • 2011/04/13Posted by ブクログ

    漫画ではなく、大河ドラマ。

    一人の男が龍の如く天に駆け上がっていく生き様を、
    昭和前半の時代背景と織り交ぜながら描かれている。

    「彼は国家のためでなく人類のために戦い抜いた」

    自分にコドモができ...

    続きを読む
開く

セーフモード