海のアリア 2巻

萩尾望都

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

アベルと共鳴したアリアドは、ベリンモンの感応演奏者であることを証明した。だがプレイヤーのアリアドと楽器アベルの相性は、なんとなくミスマッチ。しかし本当の障壁はアリアドの心の中に潜んでいた。原始惑星ナイト・メア、その赤い海のほとりを歩くアリアドともうひとりの男…封印された扉の向こうから悲劇の記憶が立ち上がる。未来を夢みる惑星で、いったいなにが起きたのか?

続きを読む
  • 海のアリア 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    海のアリア 全 2 巻

    1,100円(税込)
    11pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2009/03/01Posted by ブクログ

    めちゃくちゃ面白かったです。

    銀河保安員がアリアドに対して、アベルが楽器であることを証明しろと迫るところから始まり、
    二人が完全に共鳴できないのはアリアドの過去に封印された部分があるからだ、と続く。...

    続きを読む
  • 2005/05/17Posted by ブクログ

    「進化の出口もない
     夢も知らないナイトメアの星は
     どんなふうに こんな二人の足音を 音楽を聞いたのだろう 未来の夢は すこしでも その大地を訪れたのか」

  • 2014/02/02Posted by ブクログ

    2巻からは完全にSF。宇宙人がたくさんやってくるわけだし。
    楽器の意味もだいぶん理解できてくる。それにしても萩尾望都のSF世界にはいつも秩序を正すための大きな組織が必ず出てきて、その存在の絶対感たるや...

    続きを読む
[{"item_id":"A000014413","price":"550"}]

セーフモード