感謝知らずの男

萩尾望都

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

バレエ・ダンサーのレヴィはいつも不機嫌。このところの彼は不眠症で、唯一の望みは眠ること。安らぎを求めて静かな部屋に引っ越したつもりが、隣人はレヴィの天敵、典型的な世話焼きタイプ。しかもいつのまにやら三角関係に巻き込まれている…。表題作から「オオカミと三匹の子ブタ」「狂おしい月星」と続くレヴィ・シリーズに「海賊と姫君」「ジュリエットの恋人」と収めた5つの傑作バレエ短篇集。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
12
5
5
4
2
3
5
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/07/14Posted by ブクログ

    端麗な線……。

    レヴィがモリスとミリーからお節介を受ける話。
    ミリーが、
    「あたし……もう……好きに……なっちゃう」
    というところ、すごく可愛い洋服!
    それに対する、
    「女の子ってやわら...

    続きを読む
  • 2015/05/23Posted by ブクログ

    萩尾望都さん、竹宮恵子さん、名香智子さん、木原敏江さん、山岸凉子さん、森脇真末味さん、花とゆめ、LaLa、プチフラワーを踏まえてから、いわゆるオリジナルJUNE漫画系を手に取り、現在のリアルBLで舞い...

    続きを読む
  • 2013/03/21Posted by ブクログ

    萩尾望都の主人公は綺麗で抽象的なイメージが強かったけどレヴィは何だかリアルだったな。「現代っ子」って感じ。
    バレエを題材にした話。面白かった!

開く

セーフモード