【完結済み】へうげもの 1巻

へうげもの TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE. Hyouge Mono

完結

25冊

山田芳裕

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    群雄割拠、下克上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。織田信長(おだのぶなが)の家臣・古田左介(ふるたさすけ)。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千宗易(せんのそうえき=利休)から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。生か死か。武か数奇か。それが問題だ!!

    続きを読む
    ページ数
    227ページ
    提供開始日
    2011/07/01
    連載誌/レーベル
    モーニング
    出版社
    講談社
    ジャンル
    青年マンガ
    • へうげもの TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE. Hyouge Mono 全 25 巻

      未購入巻をまとめて購入

      へうげもの TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE. Hyouge Mono 全 25 巻

      16,500円(税込)
      165pt獲得

    レビュー

    4.2
    183
    5
    76
    4
    84
    3
    22
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/30Posted by ブクログ

      山田芳裕『へうげもの 2』(モーニングKC)は本能寺の変までを描く。織田信長は弟と家督争いをしたために冷酷なイメージがあるが、実は身内に甘かった。それが自分の領地を確保し、そこでの安定を求める家臣の不...

      続きを読む
    • 2019/12/30Posted by ブクログ

      山田芳裕『へうげもの 11』は文禄の役の講話交渉や慶長伏見大地震が描かれる。古田織部は趣があるものを指す言葉「乙なもの」を広げようとする。「乙なもの」は甲乙で言えばランクが落ちるが、むしろ定石を外した...

      続きを読む
    • 2018/08/12Posted by ブクログ

      全25巻。
      破天荒に描いているようで、織部のエピソードなどはけっこう史実に基づいている。茶器も調べたら写真にそっくりに描かれていて、かなり調べつくして描いてることが窺える。

    開く

    セーフモード