カバチタレ! 1巻

監修:青木 雄二 原作:田島 隆 漫画:東風 孝広

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

法を知らなきゃ泣きを見る。泣き見た人のドラマを読めば、生かせる法が頭に入る。「カバチタレ」とは広島弁で「文句や屁理屈を言う人」のこと。法律を知ってカバチをタレることができれば、人は泣き寝入りすることなく、自分たちの生活を守ることができるのだ。この物語の主人公・田村勝弘もまた勤め先の横暴社長の不当解雇にあって泣き寝入りするしかなかったが、ひょんなことから行政書士の大野と出会う。そして法は使い方次第と目覚めた田村は行政書士を目指すため大野事務所に補助者として入所する。

続きを読む
  • カバチタレ! 全 20 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    カバチタレ! 全 20 巻

    13,200円(税込)
    132pt獲得

レビュー

レビューコメント(12件)
  • ネタバレ
    2012/02/24Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2006/03/07Posted by ブクログ

    ナニワ金融道の続編ではありませんが、故青木雄二さんが監修していますので、似たような内容になっていますが、より法律を取り上げた物語です。
    法律へ興味を持つ入門書(?)としては、最適だと思います。

  • 2006/05/25Posted by ブクログ

    自分がちゃんと法律の勉強をしようと思うようになったきっかけの本。社会で弱者にならないためにはルールを知らないとね。井上雄彦さんの後読むと絵の下手さにカルチャーショック!良い味出してます。

開く

セーフモード