【完結済み】神の雫 1巻

神の雫
完結44冊

作:亜樹直 画:オキモト・シュウ

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

ソムリエ見習いの紫野原(しのはら)みやびは、知ったかぶりのお客の間違いを指摘し、その客を怒らせてしまった。しかし、その客の連れとして来ていた神咲雫(かんざき・しずく)のみごとなデキャンタージュによって救われる。実は彼は世界的に有名なワイン評論家、神咲豊多香(かんざき・ゆたか)の息子であった――。神の気まぐれが生み落とした“一本のワイン”を巡る、罪深き人間たちの物語が始まる。

続きを読む
ページ数
224ページ
提供開始日
2009/01/09
連載誌/レーベル
モーニング
  • 神の雫 全 44 巻

    未購入巻をまとめて購入

    神の雫 全 44 巻

    28,512円(税込)

レビュー

3.5
141
5
14
4
47
3
77
2
3
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/09Posted by ブクログ

    祝・3000冊。
    3000冊めは、『神の雫』、第24巻。

    偉大なワイン評論家・神咲 豊多香の息子にして、未知の可能性を秘める神咲 雫((かんざき しずく)。
    対するは、豊多香氏の弟子にして、孤高の...

    続きを読む
  • 2017/08/22Posted by ブクログ

    偶然入った画廊で一枚の絵画を目にした雫は、そこに描かれている光景が、神咲豊多香の遺言にあった第一の使徒にぴったり当てはまることを発見します。ところが、その絵を描いた水澤カオリという女性は記憶喪失である...

    続きを読む
  • 2017/08/22Posted by ブクログ

    太陽ビールのワイン事業部でおこなわれる伊仏ワイン対決に向けて、雫とみやびはワインの選定に奔走します。順也・健也の凸凹兄弟の店では、2人の父親が店の将来を彼らに託すために仕入れたレシュノーを手に入れ、遠...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード