古典インドの言語哲学 (2) 文について

バルトリハリ 訳注:赤松 明彦

1,512円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

サンスクリット文法学中興の祖、バルトリハリが著した本書によって、古典文法学のとだえかけた伝統はみごとによみがえった。インド哲学の理解に欠かすことのできない古典の翻訳が完成。第2巻は、「文についての巻」全25章。

続きを読む
  • 古典インドの言語哲学 全 2 巻

    未購入巻をまとめて購入

    古典インドの言語哲学 全 2 巻

    3,024円(税込)

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード