古典インドの言語哲学 (1) ブラフマンとことば

バルトリハリ 訳注:赤松 明彦

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    サンスクリット文法学の不朽の古典の翻訳。「文は全体であり、世界であり、ブラフマン(真理)である」。文と単語、言葉と現象の有機的な関係に踏みこみ、言葉のもつ根源的な力にせまる。第1巻は、「ブラフマンの巻」全25章。

    続きを読む
    • 古典インドの言語哲学 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      古典インドの言語哲学 全 2 巻

      3,024円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード