【最新刊】朝鮮の悲劇

朝鮮の悲劇

F.A.マッケンジー 訳注:渡部 学

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    著者はカナダ生まれのジャーナリスト。日本の理解者でありながら、透徹した目は韓国併合の2年前、朝鮮人民の苦難と抵抗の現実を通して、日本の帝国主義による膨張政策の実体と危険を予見している。

    続きを読む
    ページ数
    288ページ
    提供開始日
    2013/05/10
    連載誌/レーベル
    東洋文庫
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 朝鮮の悲劇

      「朝鮮旅行記」の次に読みました。朝鮮が米、独、英の圧力に屈して開国した19世紀から20世紀初頭の朝鮮を英国ジャーナリストが執筆したルポです。当初は尊敬のまなざしで見られていた日本が武力による帝国主義の...

      続きを読む

    セーフモード