【最新刊】仮面の花嫁

仮面の花嫁

サラ・モーガン 翻訳:和香 ちか子

550円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    セバスチャン・フィオルキスと結婚しろ?アリージアは祖父の言葉に、耳を疑った。私の父はフィオルキス一族のせいで亡くなったというのに、その跡取りの男性の妻になるなんて……!?億万長者のセバスチャンと結婚しさえすれば、病気の母に手術を受けさせることができるのは確かだが……。葛藤の末、アリージアは覚悟を決めた。夫婦になるといっても、名前だけのこと。しかし、結婚が実現すると、セバスチャンは言った。「君は僕のものだ。そのすばらしい体の隅々まで」

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ギリシアが舞台で、
      ギリシア人がヒーローの作品って
      こういうストーリー?シチュエーション?
      ええと、何て言うかな。そう。物語の導入、が多いよね。
      両家の確執に巻き込まれ、祖父の無理強いから始まる......

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      コミックスで内容は知ってたけど、読んでみたらかなり原作に忠実なコミカライズだった。ヒロインが本当はどんな女性か気付かないヒーローの鈍感さにイラっとするけど、基本的にヒーローはいい人。ヒロイン祖父最悪。

    セーフモード