【最新刊】麻雀放浪記 凌ぎの哲 7巻

麻雀放浪記 凌ぎの哲

原作:阿佐田哲也 画:原恵一郎

618円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

一見、金持ちとバイニンを集めた麻雀大会にみえた権々会も、その本質は寺の金集めだった。バイニンたちに勝てるだけ勝たせておいて、最後に寺側が一気に回収するというたくらみ。いったい誰と誰がグルになっているのか、雲を掴むような戦いでバイニンたちの猜疑と不信はとどまることなく高まっていく。達磨、飛び甚、その息子ゲンと卓に着いた哲。そこで無敵と思われたある男の化けの皮が剥がれて…!?

続きを読む
ページ数
204ページ
提供開始日
2006/07/28
連載誌/レーベル
近代麻雀
出版社
竹書房
ジャンル
青年マンガ
  • 麻雀放浪記 凌ぎの哲 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    麻雀放浪記 凌ぎの哲 全 7 巻

    4,326円(税込)
    43pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2017/08/21Posted by ブクログ

    戦後のヤバイ雰囲気が過剰なくらい匂い立つ鉄火場。哲も含めて出てくる連中が全員狂っているうえに熱く毎回緊張感が尋常ではない。ニコニコ顔から急にドス黒いオーラで脅しつける描写が素晴らしい。
    個人的には麻雀...

    続きを読む
  • 2006/03/02Posted by ブクログ

    「最終的に金を払わなけりゃ負けじゃねぇ」ってぐらい、卑怯もここまでくれば痛快。このテの漫画によくあるような、こじつけたような仁義や人情がほとんど無い分だけ逆に面白く読める。

  • 2006/05/02Posted by ブクログ

    作者さんは無能な出版社と付き合わずにこれからも良質なマンガを描き続けて欲しいです。権々会編はマジで神。

セーフモード