新世紀エヴァンゲリオン Volume10 涙

著者:貞本義行 原作:カラー

638円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

トウジを死なせてしまった事で落ち込むシンジの前に、不思議な少年が現れる。フィフス・チルドレンだと名乗るその少年・渚カヲルに、出会ったばかりのレイと同じものを感じるシンジ。シンジに付きまといネルフまできてしまったカヲルは、そこでエヴァとシンクロできずに悩むアスカと小競り合いをする。その直後使徒が襲来。今度の使徒は心理的に不安定なアスカに精神攻撃を仕掛けてきた。母親とのつらく苦しい過去をえぐり出されてしまったアスカ。「ロンギヌスの槍」でレイが何とか使徒を撃破するが、アスカの心はすでに崩壊してしまっていた。アスカの代わりに弐号機のパイロットに就任しシンジに急接近するカヲル、トウジに続きアスカも救えず苦悩するシンジ、そのシンジをそっと見守るレイ…それぞれの心が揺れるなか、さらに新たな使徒が襲い掛かる…。

続きを読む

レビュー

4.2
27
5
12
4
10
3
5
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/12Posted by ブクログ

    貞本エヴァ、待ちに待った(2年越しの)10巻目。この巻の見どころはやはり「レイの涙」。そして、アニメ版よりちょっと嫌なヤツであるところのカヲル君かな。オリジナルそのままの絵が楽しめるのが、キャラクター...

    続きを読む
  • 2016/10/30Posted by ブクログ

    使徒の侵蝕で、寂しさやシンジへの愛に気づくレイ。そしてシンジを守るために自爆。3人目のレイ。リツコさんが明かす秘密。
    どんどん闇が露呈していく。

  • ネタバレ
    2014/12/25Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く

セーフモード