シークの罠

サラ・モーガン 翻訳:井上 きこ

550円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    エミリーは砂漠の王国カズバーンへやってきた。兄が作った借金の返済を延ばしてもらうためだ。借金の相手であるプリンスにあと二カ月待ってほしいと伝えたところ、彼は耳を貸そうとせず、すぐにも全額返すよう迫ってきた。踏み倒すつもりはないのに、なぜこうもわからず屋なの?憤慨したエミリーの目の前にプリンスが立ちはだかり、いきなり彼女の髪どめを取った。流れ落ちる金髪に、荒々しく鋭い眼光が向けられる。「君はお兄さんから、女の魅力で迫ってこいと言われたんだろう」

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 2015/11/22

      鬼展開を予感させる始まりのシーンだが、内面の優しさがとても素敵ダーリン。(サラ作品の傾向でもあるけれど)
      ラストに兄が現れる所など、ご都合主義な展開だと感じる部分もありだが、おとぎ話風だと大らかな気持...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/06/21
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード