【最新刊】「冷戦」 国際政治の現実

「冷戦」国際政治の現実

1冊

山上 正太郎

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1989年11月、ベルリンの壁崩壊をもって終ったといわれる「冷戦」とは何だったのか。米ソ両大国およびその陣営の間の覇権争いの時代といわれる。核兵器を頂点とする双方の軍拡競争がエスカレートし、世界滅亡何分前という「核時計」が現実味をもって憂慮された。戦火を交えないという意味でコールド・ウォー称されたが、実際は、朝鮮戦争、ベトナム戦争、キューバ危機など、瀬戸際の噴出だっただけに、悲惨かつ長期にわたる戦火が世界を覆った。「歴史叙述」で定評のある著者が、冷戦を同時代として描いた労作。21世紀という歴史的現在を知るための必読の書。

    続きを読む
    ページ数
    247ページ
    提供開始日
    2005/12/22
    連載誌/レーベル
    現代教養文庫
    出版社
    インタープレイ
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード