【最新刊】第七の天

第七の天

1冊

牧 逸馬

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    牧逸馬は、昭和初期文壇に彗星のように現れ、30代半ばという若さで急死した。当時〝文壇のモンスター〟と称されたマルチ作家。人間の深奥の怪異な世界を写しとった『世界怪奇実話』の他、谷譲次名でアメリカ放浪物を、林不忘名では『新版大岡政談』で怪剣士・丹下左膳を創作するなど、ほとばしる才気を発揮した。本作品は、ミステリーというジャンルに入るものだが、怪異とナンセンスの渾然一体が魅力の作品群。表題作の他、爪/窓の凩/死三題/闇は予言する/上海された男/七二八号囚の告白/神々の笑い/七時○三分/等を収録。解説・中島河太郎。

    続きを読む
    ページ数
    363ページ
    提供開始日
    2005/10/28
    連載誌/レーベル
    現代教養文庫
    出版社
    インタープレイ
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード