【最新刊】小梅日記 (3) 幕末・明治を紀州に生きる

小梅日記

川合小梅 校訂:志賀裕春/村田静子

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    紀州藩藩校の督学の妻、川合小梅が、見聞した事件・世相から身辺の雑事までを克明に記録した日記。幕末から明治にかけて、激動する社会に生きる人びとの姿を浮き彫りにする未公刊の貴重な資料。第3巻は、明治11年(1878)から18年まで。巻末に、略年表、主要人名注を付す。

    続きを読む
    ページ数
    312ページ
    提供開始日
    2005/09/30
    連載誌/レーベル
    東洋文庫
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    学術・学芸
    • 小梅日記 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      小梅日記 全 3 巻

      4,620円(税込)
      46pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード