【最新刊】日東壮遊歌 ハングルでつづる朝鮮通信使の記録

日東壮遊歌 ハングルでつづる朝鮮通信使の記録

金仁謙(きむいんぎょむ) 訳注:高島淑郎

1,540円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    遭遇した殺人事件におどろき、一行の内紛に名分を説き、風景を愛で、美味を評し、蛮人「倭奴」のふるまいにはげしく憤る。硬骨の老儒者が歌辞(カサ)形式で記した、個性あふれる通信使の記録。

    続きを読む
    ページ数
    429ページ
    提供開始日
    2005/09/16
    連載誌/レーベル
    東洋文庫
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/01/09Posted by ブクログ

      一七六三年から一七六四年にかけて日本を訪れた、第十一次朝鮮通信使の一人、金仁謙の記録集。
      日本の地を訪れ、大阪や江戸の繁栄に驚きながらも、ことごとく日本人を見下してさげすむ様は、小中華思想の影響による...

      続きを読む

    セーフモード