日本の茶書 (1)

編注:林屋辰三郎/横井清/楢林忠男

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    はじめ薬として飲まれた茶は、やがてその風味を愛されて文人の間に流行し、「わび」文化の主役として彼らの思惟をふかめた。その多様な展開のあとを、諸文献によって再構成する。第1巻は、『喫茶養生記』『喫茶往来』『山上宗二記』『分類草人木』『古田織部伝書』『南方録(覚書)』を収録。巻頭に「茶書の歴史」(林屋)を付す。

    続きを読む
    • 日本の茶書 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      日本の茶書 全 2 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード