【最新刊】外資系で働くということ

外資系で働くということ

林謙二

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    外資系企業は日本の未来の姿?終身雇用・年功序列が崩れるなか、“外資的”な姿に変わりつつある日本の仕事環境。就職・転職先としての外資も存在感を増している。外資系企業とはどんなところか。その仕事観、会社観、人生観とは。新しい仕事生活のかたちを考えるための、外資系企業まるごと入門の一冊。

    続きを読む
    ページ数
    212ページ
    提供開始日
    2005/05/27
    連載誌/レーベル
    平凡社新書
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.8
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2007/02/05Posted by ブクログ

      「外資系バンザイ」という本かと思っていたのですが、比較的客観的に外資と日系の企業を比較していたと思います。主に金融業界での外資及び日系企業の比較かと思われますが、給与体系、役職の認識の違い、よく言...

      続きを読む
    • 2011/05/28Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      外資系企業は日本の未来の姿?
      年功序列・終身雇用が崩れるなか、“外資的”な姿に変わりつつある日本の仕事環境。
      就職・転職先としての外資も存在感を増している。
      外資系企業とはどんなところか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/09/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード