大本神諭 火の巻 民衆宗教の聖典・大本教

出口ナオ 校注:村上重良

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    幕末に丹波の福知山に生まれ、大工の夫に先立たれて生活の辛酸をなめつくした出口ナオは、明治25年、突然神がかりとなり、神政による理想の平和世界の実現を説く。本書はその大本教義の真髄を伝える。本巻は、明治31年から同43年までの「筆先」。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード