【最新刊】戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景

戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景
1冊

米沢嘉博

540円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

1947年の井上一雄の「バット君」から、「背番号0(ゼロ)」「スポーツマン金太郎」「ちかいの魔球」等が続き、そして梶原一騎・川崎のぼるの「巨人の星」は日本中を熱狂させた。さらに「アストロ球団」、水島新司の作品群、「キャプテン」「タッチ」と多くの名作が生れている。手塚治虫が手掛けなかった世界を丁寧に読み解いた画期的なマンガ史。野球マンガ略年譜を付す。

続きを読む
ページ数
232ページ
提供開始日
2005/03/18
連載誌/レーベル
平凡社新書

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード