【完結済み】あしたのジョー 1巻

あしたのジョー

完結

原作:高森 朝雄 画:ちば てつや

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ある日ふらりと下町のドヤ街に現れた、天涯孤独の少年・矢吹丈。腕っぷしの強さが元ボクシングジム会長の飲んだくれオヤジ、丹下段平の目に止まる。段平は丈に自分の果たせなかった夢を託し、名ボクサーに育てようと熱心に面倒を見る。しかし、段平の願いをよそに、丈は毎日、ドヤ街の子供達を引き連れ、無法な行動を繰り返すのだった。漫画史上の最高傑作、ついに登場!!ジョー、そのパンチで叩き出すんだ、すばらしい明日を!

続きを読む
ページ数
227ページ
提供開始日
2004/12/17
連載誌/レーベル
週刊少年マガジン
出版社
講談社
ジャンル
少年マンガ
  • あしたのジョー 全 20 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    あしたのジョー 全 20 巻

    9,240円(税込)
    92pt獲得

レビュー

  • 2011/02/26Posted by ブクログ

    ボクシングマンガ、というよりは梶原マンガの最高傑作だと思います。今の世の中では絶対に共感されないであろう、アナクロニズム全開の登場人物達。そんな彼らの直線的で破滅的な人生と、作品のそこかしこに漂う不幸...

    続きを読む
  • 2008/08/10Posted by ブクログ

    自分が小学生の時に、一番ハマった漫画です。
    そして今も、ハマっています。

    ジョーが、目標に向かって燃え尽きて行く生き様。
    常人には、とても真似のできない生き様。

    若い時は、拳闘シーンが面白くて、ア...

    続きを読む
  • 2010/09/15Posted by ブクログ

    ジョーの凄いところは最後まで自分のスタイルを変えなかったこと。金持ちになってもね。

    よく考えると、この頃のスポ根の大半はそういう主人公なんですね。飛雄馬とかマス大山とか。地位を確立しても自分と闘うこ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000007239","price":"462"}]

セーフモード