【最新刊】虫の目で人の世を見る 構造主義生物学外伝

虫の目で人の世を見る 構造主義生物学外伝

1冊

池田清彦

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    クワガタ、カミキリなどの昆虫から、超先端技術が生み出すクローン羊やサイボーグ、民俗世界が創造した河童までを、「構造主義生物学」の立場から綴るエッセイの数々。虫採りの楽しみを語り、世相風俗を論じながら科学的・客観的心理の盲点を衝く。市場経済にも、私生活にもよりかからな「マイナーな普遍」。そこに虫屋の孤独と栄光があるのだ。

    続きを読む
    ページ数
    264ページ
    提供開始日
    2004/10/15
    連載誌/レーベル
    平凡社新書
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード