【完結済み】ハロー張りネズミ 1巻

『島耕作』の弘兼憲史が1980年から「週刊ヤングマガジン」にて連載した人情味溢れる名作探偵まんが。2017年実写ドラマ化。
ハロー張りネズミ

完結

弘兼憲史

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大都会の北のはずれ、下赤塚に「あかつか探偵事務所」はある。その裏側の路地にある喫茶店でヒマそうにコーヒーをすする男、彼こそが泣く子もだまる名探偵(?)、ハリネズミこと七瀬五郎。カンは鋭いが情に脆く、映画にでてくるいわゆる名探偵とはひと味違う。都会の片隅に埋もれる心の闇を調査する男、ハリネズミの“探偵物語”。浮気、蒸発、殺人……荒廃した社会の中に一条の光を求め、ハリネズミは走る!

続きを読む
ページ数
229ページ
提供開始日
2004/10/08
連載誌/レーベル
ヤングマガジン
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • ハロー張りネズミ 全 24 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ハロー張りネズミ 全 24 巻

    15,840円(税込)
    158pt獲得

レビュー

レビューコメント(12件)
  • 1巻
    2010/02/26

    非常に古い作品です。

    昔にしては、というと失礼ですが
    ストーリーが全般的に出来が良くて
    今の時代に読んでも全然イケる面白さです。

    ただ、主人公などは救われない悲しさというか、
    もうちょっと幸せにな...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 1巻
    2020/11/29
    なつかしい

    30年以上前、中学生の頃に読んでいました。
    中学生の頃はスッと読み終えてたのかもしれませんが、この歳になると涙でページがにじんで読み進めるのに時間がかかります…。

    匿名 さんのレビュー
  • 1巻
    2005/07/04

    だいぶ古くなり、時代背景も変わりましたがいつ読んでも、何度読んでもはらはらどきどきさせてくれてほろりと涙を誘います。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード