鬼平犯科帳 (38)[コミック・ワイド版]

さいとう・たかを 原作:池波正太郎 脚色:久保田千太郎/北鏡太

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

江戸の町は新年を迎えたが、平蔵はめでたい気分にならず、清水門外の役宅にいた。それは半年前の夏に同心・松永弥四郎が持ち込んだ事件が解決を見ず、年を越してしまったからである。そして、屠蘇気分の抜けぬ松の内に平松屋を訪れた平蔵は……「平松屋おみつ」、骨董屋の主人が心の臓を鋭利な刃物で一突きにされ、息絶えていた。連れを下手人として連行したところ、自分はその時分には『夢の茶屋』と呼ばれる売春宿に居たとの一点張り。その場所に事の真相が隠されていると考え、単身乗り込んだ平蔵だが……「夢の茶屋」など6編を収録。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード