鬼平犯科帳 (34)[コミック・ワイド版]

さいとう・たかを 原作:池波正太郎 脚色:久保田千太郎

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

船宿の旦那・粂八は、客としてやって来たかつての盗賊仲間が日本橋の大店“三河屋”へ押し込みをかけようとしていることを聞きつける。平蔵に一命を赦され密偵となった粂八は、さっそく盗賊改方へ知らせに走る……「狗」、市ヶ谷にある坪井道場に大和郡山藩の家中・浦上源蔵が入門してきた。道場の女中で源蔵と同郷のおひさは、相談があると言って同じく道場に通う平蔵の息子・辰蔵を呼び出す。おひさは国元で起きた夫の切腹事件の裏に源蔵が関わっているのではと言う……「女武道」など5編を収録。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード