鬼平犯科帳 (17)[コミック・ワイド版]

さいとう・たかを 原作:池波正太郎 脚色:久保田千太郎

680円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

墓詣の後、目黒不動門前の桐屋へ寄った木村は、見知らぬ男に話しかけられる。“さむらい松五郎”先生という盗賊に人違いされたらしい。須坂の蜂蔵と名乗るその男に、相談を持ちかけられた木村は、そのまま“さむらい松五郎”のふりをして約束をとりつけ、平蔵と共に一芝居うつが……「さむらい松五郎」、金を奪うためなら情け容赦のない殺戮を企てる得体の知れない巨悪の一味は、平蔵の命を狙っていた。捕えるために、一芝居うった平蔵だったが……「鬼火」など3編を収録。

続きを読む
  • 鬼平犯科帳 全 57 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    鬼平犯科帳 全 57 巻

    39,396円(税込)
    393pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2012/05/04Posted by ブクログ

    とても面白いです。図書館にたくさん置いてあるので他の書籍を借りるついでに数冊借りて読んでいます。TV版をちゃんと見たことは無いのですが鬼平が名作であるという話は何度か耳にしていました。その評価に偽りな...

    続きを読む
  • 2012/01/14Posted by ブクログ

    ご存知、池波正太郎の鬼平犯科帳のさいとうたかをによる漫画化作品

    自分は原作を読んでいないのですが。

    悪党にとっては鬼ですが身内には仏、上司には最高です。
    あぁ、長官の為なら狗になるよ!!
    奥方もこ...

    続きを読む
  • 2016/02/20Posted by ブクログ

    「たてこもり」は今の話みたいだった。大勢で持ち上げてたのがなんかの拍子に全員手のひら返したようになる。「女心」の鬼平。カッコよすぎだな。

開く
[{"item_id":"A000298453","price":"680"}]

セーフモード