鬼平犯科帳 (16)[コミック・ワイド版]

さいとう・たかを 原作:池波正太郎 脚色:久保田千太郎

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

小さな商家を狙っては、目撃者を皆殺しにするという残忍な手口の変装の名人・夜針の音松が、最近江戸へ舞い戻ってきたらしい。変装に自信のある同心・松永弥四郎は僧侶に変装し、探索を始める。そこへ以前女遊びをしていた頃、松永に「妙な事」を教えた女・おきねが現わて……「夜針の音松」、新年早々、横田大学の嫡子・千代太郎が誘拐される事件が起きる。横田家の家宝である“国光の一刀”も奪われ、金千両を用意しろという。平蔵が動いたことが犯人一味に知られれば、千代太郎の命が危ない。かといって時間の猶予もない。鳥追いに化け、急ぎ平蔵は横田家を訪れるが……「礼金二百両」など4編を収録。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード