鬼平犯科帳 (3)[コミック・ワイド版]

さいとう・たかを 原作:池波正太郎 脚色:久保田千太郎

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

平穏に暮らす巣鴨の笠屋の女房・お富は、元は生まれながらの掏模だった。再び仕事を始めたお富だがその背後には犯罪の臭いが。平蔵は……「女掏模・お富」、同心・木村忠吾が大手柄をあげる「谷中・いろは茶屋」、江戸市中に押し込み強盗に入った際、必ずその店の女房を犯す兇賊一味が出現、次々と犠牲者が出る。江戸の人々は”葵小僧”と呼び、恐れたがなかなか捕らえられず……「妖盗葵小僧」など4編を収録。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード