【最新刊】鬼平犯科帳 (55)[コミック・ワイド版]

鬼平犯科帳
55冊

さいとう・たかを 原作:池波正太郎 脚色:大原久澄/守山カオリ

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

2018年で連載25周年を迎えた時代劇画の金字塔、待望の最新刊。盗みに関わる者たちの苦悩が交錯する『おみちの客』等、9編を収録。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.6
6
5
1
4
2
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/02/20Posted by ブクログ

    「たてこもり」は今の話みたいだった。大勢で持ち上げてたのがなんかの拍子に全員手のひら返したようになる。「女心」の鬼平。カッコよすぎだな。

  • 2014/10/17Posted by ブクログ

    【誇りと人情の鬼の仕置】梅雨の頃、お熊の店で倒れた病身の浪人。道場に現れた凄腕の剣客。平蔵を間に交錯した二人の因縁とは…「送り梅雨」など四篇収録。

  • 2014/09/09Posted by ブクログ

    【鬼の気迫が悪事を暴く】出初式を控えて稽古に励む江戸の火消しが、梯子の上から怪しい浪人を目撃。その裏にうごめく陰謀とは……「火消しの誉れ」ほか四篇。

開く

セーフモード