女帝の手記 (5) たまゆら 道鏡

完結

里中満智子

440円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

次第に仲麻呂に利用されていたということに気付く上皇。恋に破れ、頼りにしていた母も亡くなり、生きる意欲を無くしていたが、道鏡の慰めに癒される。彼女は道鏡の導きによって出家し、仲麻呂から実権を奪い返す決意をする。

続きを読む
  • 女帝の手記 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    女帝の手記 全 5 巻

    2,200円(税込)
    22pt獲得

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2021/01/30

    孝謙天皇と道鏡の関係や吉備真備を新しい視点で読めました。

    名称未設定 さんのレビュー
  • 2014/02/21

    内容紹介(amazon)
    時は奈良時代、聖武天皇と光明皇后の間に生まれた娘、阿倍内親王。 皇太子だった阿倍の弟は体が弱く、幼くして死んでしまう。 藤原氏直系で唯一の内親王となった阿倍は、皇太子として即...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード