【最新刊】赤彦歌集

赤彦歌集

島木赤彦 選:斎藤茂吉 久保田不二子

726円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    左千夫の門にいで、短歌写生の一道を追求した島木赤彦(1876‐1926)は「アララギ」の指導的地位に立って活躍し、その隆盛に貢献しつつ近代短歌の究極地を示した。――冬空の日の脚いたくかたよりて我が草家の窓にとどかず――歌集「氷魚」(大正9年)で確立された歌風は、晩年「寂寥相」「悠遠相」というような東洋的な詩境に踏みいたった。

    続きを読む
    ページ数
    261ページ
    提供開始日
    2003/12/05
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード