【完結済み】和漢三才図会 (1)

和漢三才図会

完結

寺島良安 訳注:島田勇雄/竹島淳夫/樋口元巳

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸中期、大坂の医師寺島良安が中国・明の王圻(おうき)の『三才図会』にならって編んだ、わが国初の図入り百科事典の口語訳。天文、地理から動植物、人事まで、類書を博引傍証して解説する。第1巻は、巻一から巻六まで、天部・天文・天象類・時候類・暦占類など。

    続きを読む
    ページ数
    467ページ
    提供開始日
    2003/10/10
    連載誌/レーベル
    東洋文庫
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    学術・学芸
    • 和漢三才図会 全 18 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      和漢三才図会 全 18 巻

      27,720円(税込)
      277pt獲得

    レビュー

    • 2009/12/08Posted by ブクログ

      江戸時代の百科事典です。
      一人で作り上げたみたいです。
      あこがれるなあ、そんな仕事には。

      こういうものを作ろうとする、そのココロが好きなのです。

      読み終わるというような本ではなかなかないですが、ま...

      続きを読む
    • 2009/01/31Posted by ブクログ

      南方熊楠は、小学生の頃、立ち読みで記憶して写本を作ったという伝説もある、江戸時代の百科全書
      第四巻に弓の項目がある(図あり)

    セーフモード