【最新刊】江戸近郊道しるべ

江戸近郊道しるべ

1冊

村尾嘉陵 編注:朝倉治彦

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    文化・文政から天保期のころ、19世紀前半の江戸は九段に住む清水徳川家の老臣村尾嘉陵が、勤めの合間に近郊の花や寺社をたずねた日帰りハイクの記録。いまは高層ビルと排気ガスにみちた東京の自然と人情が美しい。

    続きを読む
    ページ数
    426ページ
    提供開始日
    2003/10/03
    連載誌/レーベル
    東洋文庫
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード