寺田寅彦随筆集 (4)

寺田寅彦 編:小宮豊隆

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    寺田寅彦(1878-1935)の随筆は芸術感覚と科学精神との希有な結合から生まれ、それらがみごとな調和をたもっている。しかも主題が人生であれ自然であれ、その語りくちからはいつも温い人間味が伝わって来る。二十代から最晩年の五十代後半まで書きつがれた数多の随筆から珠玉の百十余篇を選んでこれを五巻に編んだ。

    続きを読む
    • 寺田寅彦随筆集 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      寺田寅彦随筆集 全 5 巻

      3,630円(税込)
      36pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      面白い。寺田寅彦は本当に面白い。

      専門分野というものを国だとすると、ある国で稼いだ通貨はその国でしか使えない。でも寺田寅彦はこれを両替することができる。だから彼の至る所すべて、科学者の精度と詩人の無...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      岩波文庫で出ている随筆集は全5巻。中でも私が好きな「沓掛にて」収録の第4巻を選んでみました。
      寺田寅彦、という人に出会って初めて、私は本当の「読書家」になれたような気がします。
      …って、そんなカタガキ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      相変わらず寺田寅彦の日本語力は素晴らしいとつくづく感心。夏目漱石の門下生だから当然と言えばそれまでだが、昔の知的エリートというのは本当にすごい。やはり日本語力には俳句の素養がかかせないと思った。

    開く
    [{"item_id":"A000000323","price":"726"}]

    セーフモード