夏目漱石作

496円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    横町の奥の崖下にある暗い家で世間に背をむけてひっそりと生きる宗助と御米.「彼らは自業自得で,彼らの未来を塗抹した」が,一度犯した罪はどこまでも追って来る.彼らをおそう「運命の力」が全篇を通じて徹底した〈映像=言語〉で描かれる.『三四郎』『それから』につづく三部作の終篇. (解説 辻 邦生・注 石崎 等)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード