夏目漱石作

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    横町の奥の崖下にある暗い家で世間に背をむけてひっそりと生きる宗助と御米.「彼らは自業自得で,彼らの未来を塗抹した」が,一度犯した罪はどこまでも追って来る.彼らをおそう「運命の力」が全篇を通じて徹底した〈映像=言語〉で描かれる.『三四郎』『それから』につづく三部作の終篇. (解説 辻 邦生・注 石崎 等)

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/04/22Posted by ブクログ

      2013/04/11-2013/04/22
      星4.8

      僕は果たして大学生になったので、色々と名作と謳われる文章を読んでみることにした。その第一号が、この『門』。夏目漱石作。
      僕は理系であって、読解と...

      続きを読む
    • 2011/03/30Posted by ブクログ

      夏目漱石の前期三部作、三四郎、それからに続く最終作の位置づけ。

      ある事情により俗世を離れ崖下の家でひっそりと暮らす宗助と御米。
      過去も未来もない二人がその日その日を緩やかに生きていく。

      そんな二人...

      続きを読む
    • 2010/08/31Posted by ブクログ

      これは面白かったー というより好み。
      夫妻が大好きすぎて!本当に仲がいいんだね、っていうのと前向きでも後ろ向きでもなくて今しか見てないんだなというか、絶妙な鬱加減がどストライクだった
      嗤う伊右衛門の夫...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000000167","price":"506"}]

    セーフモード