思い出す事など 他七篇

夏目漱石

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    明治四十三年の盛夏、漱石は保養さきの修善寺温泉で胃潰瘍の悪化から「大きな動物の肝の如き」血塊を吐いて人事不省におちいった。辛くも生還しえた悦びをかみしめつつこの大患前後の体験と思索を記録したのが表題作である。他に二葉亭四迷・正岡子規との交友記など七篇。どの一篇も読む者の胸に切々と迫って来る。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード