ミリンダ王の問い (1) インドとギリシアの対決

訳:中村元/早島鏡正

1,540円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    仏教は、ギリシア的論理を取り入れることによって、世界宗教としての普遍性を持つにいたった。紀元前2世紀のインドで、支配者たるギリシア人王と仏教長老の対話の形で語られる聖典。

    続きを読む
    • ミリンダ王の問い 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ミリンダ王の問い 全 3 巻

      4,620円(税込)
      46pt獲得

    レビュー

    3
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2015/09/28Posted by ブクログ

      中村先生の「原始仏典」が素晴らしかったので、読んでみた本。「原始仏典」にあった、ミリンダ王がナーガセーナに質問しまくる態度は、私が仏教ついて聞きたいことを聞きまくりたい心情と一致する。なので、その対話...

      続きを読む
    • 2014/06/27Posted by ブクログ

      仏教は,ギリシア的論理をとり入れることによって,世界宗教としての普遍性を獲得した。紀元前2世紀のインドで,支配者たるギリシア人王と仏教長老の対話のかたちで語られる聖典。第1巻は,第2編第1章第2まで。...

      続きを読む
    • 2012/06/08Posted by ブクログ

      「我は死を喜ばず、
      我は生を喜ばず。
      あたかも雇人が賃金を待つかのごとくに、
      われは時の来たるのを待つ。

      われは死を喜ばず、
      我は生を喜ばず
      正しく意識し心に念じてわれは時の来たるのを待つ」

    開く

    セーフモード